あおもり昆虫記

ウリハムシモドキ

ウリハムシモドキ(ハムシ科)青森市、7月中旬
牧草地にしばしば大発生、クローバーを食い荒らすことがある。成虫は驚くと葉上から落下し、臭い黄汁を出して死んだまねをする。
成虫の羽の色は2型あり、一つは雌の前羽が黒色で、これに対応する雄は羽の後ろが黒色。もう一つは雌雄とも全体黄色。
北方に行くにしたがい黒色系統が多くなるという。

ハムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME