あおもり昆虫記

セアカツノカメムシ

セアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)青森市、7月中旬
郊外の雑木林の縁の植物の葉上などで見られる。羽がくすんだ緑色で背中がくすんだ橙色という装い。
これが越冬すれば緑色が抜け、体全体が茶褐色になる。ミズキ、スギ、ヤマウルシなどの植物に寄生する。

ツノカメムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME