あおもり昆虫記

セグロヒメツノカメムシ

セグロヒメツノカメムシ(ツノカメムシ科)青森市、7月上旬
郊外の里山の葉の上などで見られる。そんなに多くはいないが珍しくはない。
どちらかといえば普通種。ノリウツギ、タラノキなどの植物に寄生する。
青森県では幼虫がキブシの実につくことが確認されている。雌の成虫は、自分の卵や幼虫を腹の下に隠して保護し、外敵から守る習性がある。

ツノカメムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME