あおもり昆虫記

フトハサミツノカメムシ

フトハサミツノカメムシ(ツノカメムシ科)青森市、9月中旬
青森市南部の里山で灯火採集をしたら飛来した。お尻の“ハサミ”が太いことから、名づけられた。
Acanthosoma属の既知種では一番珍しい種。青森県が北限なので、青森県内では一層記録は少なく、西目屋村の目屋ダムで秋に踏まれた1ペアが拾われた以外の記録は無い。
生きたものが確認されたとの報告も2007年9月現在、青森県では無い。

ツノカメムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME