あおもり昆虫記

マツモムシ

>>昆虫記はこちら
マツモムシ(マツモムシ科)岩木町、10月中旬
英名は、ずばり「バックスイマー(背泳者)」。その名の通り、写真のような背泳ぎの姿をよく見かけるが、これは呼吸に必要な空気の泡を腹面に抱えて潜ることから、体が仰向けになるためだ。
ほかの昆虫が水面に落ちてもがいていると、その振動を敏感にキャッチして急行、捕らえて体液を吸う。稚魚やオタマジャクシなどを捕らえることもある。
マツモなど水草の生えるところにすむ虫という意味で名付けられたらしい。

水生昆虫 | あおもり昆虫記インデックス

HOME