あおもり昆虫記

ミズカマキリ

>>昆虫記はこちら
ミズカマキリ(タイコウチ科)青森県営浅虫水族館、
前足は獲物を捕らえるのに都合の良い鎌型。獲物を捕らえると鋭い口針を突き刺して強烈な消化液で犠牲者の組織を溶かして吸う。
忍者もびっくりの呼吸管は胴の長さと同じぐらい。成虫で越冬、時に枯れ草などの多い深みに幾十となく群がっている越冬集団が見つかることがある。
かつて、路上の水溜りに必ずいたが、近年はめっきり数が少なくなった。

水生昆虫 | あおもり昆虫記インデックス

HOME