あおもり昆虫記

コセアカアメンボ

コセアカアメンボ(アメンボ科)青森市、5月下旬
低山地の池沼やちょっとした流水に生息している。背中がが赤褐色のためこの名がついた。
アメンボ類は環境が悪化すると安定した環境を求めて飛んで移動する。安定した環境に定住しているとやがて羽の短い個体が多く現れるようになるという。
アメンボの交尾は短時間で終わるが、産卵するまで雄が雌に乗ったままでいることがある。写真のような重なったアメンボはよく見られる。

水生昆虫 | あおもり昆虫記インデックス

HOME