あおもり昆虫記

ヤサハナカメムシ

ヤサハナカメムシ(ハナカメムシ科)青森市、8月上旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
非常に小型の捕食性カメムシで、葉っぱの残っている枯れ枝などで見られるほか、灯火にも飛来する。
同地での灯火採集では、7月中旬から8月上旬にかけて、多数、飛来した。

サシガメなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME