あおもり昆虫記

ヤニサシガメ

ヤニサシガメ(サシガメ科)青森市、10月下旬
体が松ヤニ状の粘着物質に覆われ、歩き方は超スローモー。こんなにのろまなのに、いろいろな昆虫を捕らえて体液を吸う。
終齢幼虫は松や杉の幹の窪みや木の皮の下で冬を越し、翌年の初夏に成虫になる。写真は越冬前の終齢幼虫。

サシガメなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME