あおもり昆虫記

ヒゲナガカメムシ

ヒゲナガカメムシ(ナガカメムシ科)七戸町、9月中旬
ナガカメムシの仲間だけあって体が細長い。そして、とにかく触覚が長い。
触覚はひげではないが、触覚をひげに見立ててこの名がついた。エノコログサ(ねこじゃらし)のイネ科植物の花穂の汁を吸う。

ナガカメムシなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME