あおもり昆虫記

ツヤトビマダラカスミカメ

ツヤトビマダラカスミカメ(カスミカメムシ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
夏の後半によく灯火に飛来する少し小形のマダラカスミカメで、この属としては珍しく市街地でも見られる。
普通種であるが、2015年にやっと新種として記載され、2016年に和名が付けられた。
ちなみに学名は、Phytocoris amaterasで天照大神にちなむ。

カスミカメムシなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME