あおもり昆虫記

アカヒゲホソミドリカスミカメ

アカヒゲホソミドリカスミカメ(カスミカメムシ科)青森市、7月上旬
夜、自宅近くの自動販売機の明かりに誘われて飛来したところを撮った。ふだんは、メヒシバなどイネ科植物で生活しているが、時としてイネの斑点米の大量発生の原因となる害虫として注目される。
稲の害虫として全国的な問題となるまでは、カスミカメムシ科は、メクラカメムシ科と呼ばれていた。これは、同科カメムシは単眼を持っていないからだった。
しかし、「メクラという差別的表現は好ましくない」と問題化、これがきっかけとなりカスミカメムシと改称された。

カスミカメムシなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME