あおもり昆虫記

ブチヒゲカメムシ

>>昆虫記はこちら
ブチヒゲカメムシ(カメムシ科)青森市、8月中旬
旧北区全域に広く分布する種で、日本でも北海道から九州まで見られる。北日本では普通だが、暖地では少ない。
自然度の高い場所には見られず市街地の空き地や、郊外では道路側の雑草地などで見られる。黄色と黒のまだら状の触角を持つことから名がついた。
多食性で、春から秋までダイズ、インゲンなどのマメ類や、ニンジン、ウド、ゴボウ、シソ、ゴマ、ネギなどの野菜の花や葉の上で見られる。

カメムシなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME