あおもり昆虫記

ウマノオバチ

ウマノオバチ(コマユバチ科)青森市、6月上旬
青森市第二問屋町にある東奥日報社本社6階の窓にとまっているところを撮影した。
長い産卵管が特徴で、翅の長さの4.5倍以上、約20cmもある。シロスジカミキリに寄生した記録がある、という。以上は渡辺恭平さんのサイトからの引用。
希少種で、青森県、栃木県、群馬県、東京都、千葉県、神奈川県、富山県、石川県、愛知県、滋賀県、大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県の17都府県で、レッドデータに指定されている。

寄生バチの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME