あおもり昆虫記

コガタスズメバチ

コガタスズメバチ(スズメバチ科)青森市、8月下旬
人里や低山地にすんでいる。庭木や、かん木などに巣をつくる。
巣の近くを通るなど刺激すると、集団で襲いかかる。体は小さめだが、怖いスズメバチだ。
写真は樹液をなめて食事をしているところだが、食事中はおとなしくしている。体が小さいため、頭がすこし大きめに見える。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME