あおもり昆虫記

ムモンホソアシナガバチ

ムモンホソアシナガバチ(スズメバチ科)青森市、9月中旬
胴が極端に細く、全体的に細長いアシナガバチのため、この名がついた。低山地にいる。
木の葉の裏に巣をつくる。巣には200−400個の部屋がある。
体同様、巣も全体が細長い形になるのが、なんとも面白い。アシナガバチの胴が極端に細いのは、尾部の運動範囲を広くするためだといわれている。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME