あおもり昆虫記

ベットウヨコバイバチ

ベットウヨコバイバチ(アリマキバチ科)青森市、9月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
写真の個体は雌。
ヨコバイバチは以前、プセンバチと称されていたが、その後、ヨコバイ類を狩ることが分かったので、ヨコバイバチという名で呼ぶようになった。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME