あおもり昆虫記

フタモンアシナガバチ

>>昆虫記はこちら
フタモンアシナガバチ(スズメバチ科)青森市、9月上旬
青森県内では最も普通に見られるアシナガバチだ。
日本に分布しているアシナガバチの中では最大の巣をつくり、育児室が1000個以上にもなる巣もあるという。
幼虫は肉食で、働きバチは好んでチョウやガの幼虫を攻撃し、肉団子にして運び幼虫に与える。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME