あおもり昆虫記

ミカドトックリバチ

ミカドトックリバチ(ドロバチ科)青森市、8月上旬
青森市東部の野内川上流のヒメジオンの花上で見つけた。写真の個体は雄。
北海道、本州、四国、九州などに分布する。成虫は泥を使って徳利みたいな巣をつくるから、徳利蜂(トックリバチ)という名がついた。
ハチの幼虫のえさになるのは、ガの幼虫で、麻酔されたガの幼虫を巣の中に入れ、それに卵を産んでから、巣の入口を泥でふさぐ。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME