あおもり昆虫記

オオスズメバチ

オオスズメバチ(スズメバチ科)弘前市、6月上旬
スズメバチの仲間の中では最大。毒が強く近年、オオスズメバチに刺されてショック死する人が後を絶たない。
巣の駆除作戦がテレビでよく報道されたりもしている。写真の個体は、弘前市の友人が、自山の森林作業員の安全を守るために仕掛けたトラップにかかったもので、1センチ方眼板に乗せて撮影した。
頭の先から尾端まで、この方眼を4つ数えることができる。すなわち、このオオスズメバチの体長は4センチということになる。じっさいにハチを見ると、4センチよりはるかに大きく見える。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME