あおもり昆虫記

クロスズメバチ

>>昆虫記はこちら
クロスズメバチ(スズメバチ科)岩木町、9月中旬
小型のスズメバチで、「地バチ」とも呼ばれ、地中に巣をつくる。
長野県などでは、このハチの幼虫や蛹を「ハチの子」と呼んで食用にしている。
食べ方は、佃煮からハチの子ご飯まで、と幅広い。

狩りバチなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME