あおもり昆虫記

オオハキリバチ

オオハキリバチ(ハキリバチ科)今別町、9月下旬
大型のハキリバチ。名の通り、葉を切るのが上手で、切り取った葉をアシなどの筒に設けた巣に持ち帰り、巣穴に敷き詰める。
幼虫の餌はアザミなどの花粉と蜜でつくる花粉団子。この団子の上に産卵する。
産卵が終われば仕切りを作って独房にする。仕切りには、マツやスギの樹脂を使う。

ハナバチの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME