あおもり昆虫記

ミカドオオアリ

ミカドオオアリ(アリ科)青森市、5月上旬
青森市南部の里山で灯火採集をしたら、光に寄って来た。「ミカド」を冠する、すごい名のアリだが、大きさは10ミリ前後。
足が写真のように褐色なのが特徴。朽木の中に営巣する。
夜行性というが、暗い林内では日中でも活動が見られるという。灯火採集をした翌日、同市内の梵珠山の登山口で日中、このアリを見た。

アリなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME