あおもり昆虫記

ムネアカオオアリ

>>昆虫記はこちら
ムネアカオオアリ(アリ科)平内町、8月中旬
日本最大のアリだ。大きさは8−12mmもある。
山地性のアリで、低山地などでよく見かける。巣は朽ち木などにつくる。成虫は集団で行動することはなく、いつも単独行動をしている。おっとりして穏やかな性格のアリだ。

アリなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME