あおもり昆虫記

イボタガ

イボタガ(イボタガ科)青森市、5月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。羽を広げると10センチ以上になる、春に現れる大型のガ。
羽の模様が芸術作品的で、春に現れるガの中の“トップスター”。このガに魅せられる人が少なくない。
全国に分布、幼虫の食樹はイボタノキ、モクセイ、トネリコなど。

カレハガ〜ヤママユガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME