あおもり昆虫記

エゾヨツメ

>>雌の写真はこちら
エゾヨツメ(ヤママユガ科)青森市、5月下旬
青森市東部の野内側上流で灯火採集をしたら飛来した。前羽、後羽にそれぞれ1つづつある紋を目に見立て“ヨツメ”だ。
春に現れるヤママユガの仲間で、人気の高いガだ。ヤママユガの中では小型だが、それでも羽を開いた長さが40-50ミリあり、ほかのガよりは大きい。
本州、四国、九州に分布、幼虫の食樹はカバノキ、ハンノキ、ブナ、クリ、コナラ、カシワなど幅広い。写真の個体は雄。

カレハガ〜ヤママユガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME