あおもり昆虫記

クロウスタビガ

クロウスタビガ(ヤママユガ科)碇ケ関村、9月下旬
北方系のガ。山あいの常夜灯に飛来、朝そのままとまっていたところを撮影した。
羽を開くと10センチほど。初めて見たときは、その妖艶なまでの美しさに、思わず息をのんでしまった。
チョウ・ガの仲間で、これほど“存在感のある美しさ”を持っているものは少ない。幼虫の植樹はキハダ。各地で数を減らしており、レッドデータブック扱いにしている県が少なくない。

カレハガ〜ヤママユガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME