あおもり昆虫記

オビカレハ

>>雌の写真はこちら
オビカレハ(カレハガ科)つがる市、7月中旬
湿原の近くで灯火採集をしたら飛来した。全国に分布。
幼虫はウメ、サクラ、モモ、リンゴ、バラ、ヤナギ、ミズナラなど多くの樹。卵で越冬し、卵塊は細い枝をグルリ一周し、それこそ帯のように産み付けられる。
幼虫は、枝に糸を張ってまるで薄い幕のような共同の巣を作る。このため、テンマクケムシともよばれる。写真の個体はオス。

カレハガ〜ヤママユガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME