あおもり昆虫記

アケビコノハ

>>幼虫の写真はこちら
アケビコノハ(ヤガ科)十和田市、10月上旬
八甲田山ろくの高原で灯火採集をしたら飛来した。アケビコノハは、羽を開くと10センチくらいになる大型のガ。
前羽は、“木の葉”そっくりで、羽をたたんでとまると、まるで枯葉のように見える。しかし、後羽は黄色地に黒い紋があり、かなり派手だ。
全国に分布、幼虫はアケビなどの葉を食べる。その幼虫は、危険を感じると、写真のように“しゃちほこ”のようなポーズをとる。目玉模様が目立ち、まるで威嚇しているようだ。

ヤガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME