あおもり昆虫記

ウリキンウワバ

ウリキンウワバ(ヤガ科)碇ケ関村、9月中旬
山あいの常夜灯に飛来、朝そのままとまっていたところを撮影した。
全国に分布、幼虫は古くからウリ類の害虫として知られている。
もともとは発生が少なく大きな問題となっていなかったが、メロンなどのハウス栽培が普及するにつれ、被害が広がってきたという。

ヤガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME