あおもり昆虫記

ムクゲコノハ

ムクゲコノハ(ヤガ科)青森市、8月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。羽を広げると10センチほどになる大きなガ。
前羽は地味だが、後羽は黒、青、ピンクの大胆な配色で目立つ。美しく派手なガだ。
幼虫の食樹はオニグルミなどで、成虫は樹液や腐った果実の汁を吸うこともある。名の「コノハ」は、前羽を枯れた「木の葉」(このは)に見立てたのだろう。

ヤガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME