あおもり昆虫記

タマナヤガ

タマナヤガ(ヤガ科)十和田市、9月下旬
八甲田山ろく高原の常夜灯に飛来、朝近くにとまっていた。幼虫は、幅広い種類の農作物を食べる。
カブラヤガとともにネキリムシとして知られ、野菜の重要害虫だ。夜間、幼虫は地際部の茎をかじるか、食い切るため、被害を受けた植物は枯れる。

ヤガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME