あおもり昆虫記

アサマキシタバ

アサマキシタバ(ヤガ科)青森市、6月下旬
青森市南部の広葉樹林の近くで灯火採集をしたら飛来した。このガのように、後羽が大胆なツートーン模様のガの属名(学名の“名字”のようなもの)はCatocala(カトカラ)というが、このCatocalaの中では、アサマキシタバの出現が最も早い。
蛾ファンたちは、アサマキシタバを見ると「おお、もうCatocalaの季節になったのか〜」と喜ぶ。北海道、本州、四国に分布する。
幼虫の食樹は、ブナ科樹木。

ヤガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME