あおもり昆虫記

ベニフキノメイガ

ベニフキノメイガ(ツトガ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
小さなメイガで羽を開いた長さは7−8ミリ。
シソの害虫として知られ、時として大発生するという。

ツトガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME