あおもり昆虫記

ニカメイガ

ニカメイガ(ツトガ科)青森市、7月中旬
八甲田山ろくにある八甲田温泉付近で灯火採集をしたら飛来した。年に2回現れるから「二化」(ニカ)という名がついた。
全国に分布する水稲の著名な害虫で、ニカメイチュウ、イネノズイムシ、ズイムシなどの俗称を持つ。幼虫は稲の茎の中に入り込み、茎の中を食い荒らす。
被害が大きいと、登熟が阻害され収量が低下する。

ツトガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME