あおもり昆虫記

ワモンノメイガ

ワモンノメイガ(ツトガ科)深浦町、8月下旬
幼虫は、ホウレンソウやアブラナ科の野菜の茎や葉を食害する。全国に普通に分布。
名の「ワモン」は、羽の紋が輪のように見えるためだが、輪がほとんど消えている個体もある。遅い季節まで見られ、青森市の郊外では、葉がすっかり落ちた11月下旬の雑木林で飛んでいるのが見られる。
一般には光には集まらないといわれているが、青森市の自宅の門灯の明かりに飛んできたのを見たことがある。

ツトガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME