あおもり昆虫記

ウラギンヒョウモン

>>昆虫記はこちら
ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)青森市、7月上旬
初夏の草原をさっそうと飛んでいるチョウだ。そしてアザミの花に止まり蜜を吸う。
この写真は八甲田山麓の萱野高原で撮影したもの。広い草原が大好きで、しかも草原が似合うチョウだ。
後裏羽に銀色の紋が多数あることからこの名がついた。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME