あおもり昆虫記

メスグロヒョウモン

>>昆虫記はこちら
メスグロヒョウモン(タテハチョウ科)青森市、7月中旬
雄は、だいだい色の地に黒点の豹柄。ところが雌は、焦げ茶色の地に白紋模様。
だれが見たって、どう考えたって、これが同一種とは思えない。ところが同一種というから自然の懐は深い。
交尾の姿は、超現実的だ。いまもって、信じられない気持ちを抱いている人が多いのではないだろうか。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME