あおもり昆虫記

クモガタヒョウモン

>>昆虫記はこちら
クモガタヒョウモン(タテハチョウ科)小泊村、7月上旬
青森県に生息しているヒョウモンチョウの中で一番早く現れる。6月下旬ともなれば姿を見ることができる。
林道など山あいの雑木林の周辺を好む。飛び方は勇ましくなく、静かな雰囲気を漂わせている。
クモガタとは、羽の裏がもやもやしたはっきりしない模様のため、「雲形」という名があてられた。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME