あおもり昆虫記

ゴマダラチョウ

>>昆虫記はこちら
>>産卵の写真はこちら
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)青森市、8月中旬
青森市西南部の里山環境で、エゾエノキの葉上で羽を広げて休むゴマダラチョウ。
エノキ類の木を幼虫の食樹にしているチョウだ。エノキ類を食樹にしているチョウはゴマダラチョウとオオムラサキ。
この2種は分類学的に非常に近い関係にあり、幼虫の姿もそっくりだが、オオムラサキだけが注目され、ゴマダラチョウを知る人はほとんどいない。しかし、白と黒の配色の美しいチョウだ。
中でも、黄色の目と黄色の口は非常に目立ち、びっくりする。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME