あおもり昆虫記

コムラサキ

コムラサキ(タテハチョウ科)十和田市、7月下旬
「小紫」。小粋な名だ。
光線の加減で光るチョウはオオムラサキとコムラサキ。コムラサキはオオムラサキより小さいから、この名がついたのだろう。
ただ、実際に見てみると紫というより、青く光っているような気がする。ヤナギが食樹のため、渓谷や沢筋でよく見かける。
写真の個体は、南八甲田山麓で灯火採集をしたら飛来したときのもの。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME