あおもり昆虫記

エルタテハ

エルタテハ(タテハチョウ科)七戸町、10月下旬
標高の高いところに生息しているチョウだ。初冬、標高1022mの八幡岳(七戸町・天間林村)の山頂でひなたぼっこをしている個体を見たことがある。
地味なチョウで、青森県では同じ高山性のキベリタテハより少ない。後裏羽の「L」字模様からエルタテハの名がついた。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME