あおもり昆虫記

シータテハ

>>昆虫記はこちら
シータテハ(タテハチョウ科)七戸町、9月中旬
キタテハに似るが、羽の外縁の切れ込みがシータテハの方がより大きい。
キタテハより、やや山手に生息しており、春先の林道で、越冬から目覚めた成虫が舞っているのをよく目にする。
後裏羽の裏に「C」マークがあるため、「シータテハ」の名がついた。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME