あおもり昆虫記

キタテハ

>>昆虫記はこちら
キタテハ(タテハチョウ科)七戸町、9月中旬
市街地の近くで普通に見られるチョウだ。というのは、市街地に周辺に多いカナムグラを食草にしているからだ。
幼虫は、カナムグラの葉を吐き出す糸で上手に丸めて巣をつくり、その中で暮らす。青森県では、夏と秋の2回発生する。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME