あおもり昆虫記

サカハチチョウ

>>昆虫記はこちら
サカハチチョウ(タテハチョウ科)青森市、5月下旬
山あい、といってもそんなに深くないところの渓流沿いに多く見られるチョウだ。春と夏の年2回出現する。
春に出てくるものは、だいだい色が強く、夏に出てくるものは焦げ茶の地色でイチモンジチョウそっくり。春型と夏型がこれほど違う種も珍しい。
「サカハチ」とは、羽に「逆八」のような模様があることによる。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME