あおもり昆虫記

ミスジチョウ

>>昆虫記はこちら
ミスジチョウ(タテハチョウ科)小泊村、7月下旬
ミスジチョウとは、羽を開いたときの白い模様が3筋に見えることから、その名がついた。
焦げ茶色の地に3筋の白い模様は粋で美しい。
このミスジチョウの食樹はどこにでもあるカエデだが、チョウ自体は非常に少なく、今では珍チョウの部類に属している。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME