あおもり昆虫記

ヒョウモンチョウ

>>昆虫記はこちら
ヒョウモンチョウ(タテハチョウ科)岩木町、6月下旬
ナミヒョウモン(並豹紋)ともいう。つまり、ヒョウ柄のチョウという意味だ。
北方系のチョウで本州の南の地方にはいない。青森県では、岩木山麓などの草原にいる。
初夏、明るい開放的な草原にいる、というイメージだ。どこにでもいるチョウではない。

タテハチョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME