あおもり昆虫記

エビガラスズメ

エビガラスズメ(スズメガ科)つがる市=旧木造町、9月上旬
畑地が広がる近くで灯火採集をしたら飛来した。日本各地に分布、羽を広げると10センチほどになる大型のガだ。
幼虫の食草はサツマイモ、ヒルガオ、アズキなど。太い胴の縞模様が特徴的で、命名者は、この縞模様から「エビの姿」を連想したのだろうか。
また、エビガラスズメは、実験用昆虫として知られている。昆虫の代謝、内分泌、神経生理などの研究材料として広く普及してきている、という。

スズメガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME