あおもり昆虫記

スキバホウジャク

スキバホウジャク(スズメガ科)青森市、8月上旬
青森市南部の里山で灯火採集をしたら飛来した。日本各地に分布する。
幼虫の食樹・食草はスイカズラ、アカネ、オミナエシ、オトコエシなど。滋賀県と高知県ではレッドデータブックに記載されている。
羽が透明だから「透羽」(スキバ)だ。
ふだんは日中に活動するガで、花の蜜を吸うときは、細長いストローのような口を伸ばし、ホバリングしながら吸う。その蜜を吸う姿は、ハチドリによく似ている。

スズメガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME