あおもり昆虫記

ミノガの仲間

>>昆虫記はこちら
ミノガの仲間(ミノガ科)青森市、6月下旬
ユーモラスな姿をしているため、人々から愛されている虫である。口から吐き出した糸でつくった袋の中で幼虫や蛹が生活、しかも雌は一生、足も羽のない幼虫体型のまま袋の中ですごす。
この袋が昔の雨具の蓑に似ているのでこの名がついた。幼虫は冬、蓑の口を閉じ、断熱効果のある蓑の中で越冬し春に蛹になる。
成虫は、ミノガというガになる。

さまざまな小ガたち | あおもり昆虫記インデックス

HOME